新着情報
行動するにはその前に「あるもの...
2020-08-02
行動するためには、その前に何かを動かす。 それは感情を動かすこと。 例えば女性にとって衣装もそのひとつ。 先日「coccinelle.コクシネル」さんでお願いしてあった洋服をいただきに次女と連れ立って行ってみました。 コクシネルさんのデザイナーさんは言葉選びの天才。次女も一緒に言葉の海に身を任す。ゆらゆらととても心地よいのです。次女はこの海で泳ぎの練習。笑笑 彼女にとってはこんな空間が在ることさえ...
2020-08-02
世の中にはモチベーションが上がる話し合いは多いです。 はぁ〜その通りだわ。。 やる気になった〜!と思っても、いざ日常に戻ったときに自分ごとに落とし込めないために「えっと、、で?」ってなることも結構多いのも事実です。 また、ビジネスとなれば、とかく難しい言葉を使った方ができる人っぽく見えるんじゃないかと思って使うことあります。(私だけかもしれないけれど。笑笑)確かにできる人のように映るのですが、そう...
受話器の向こうでやっていること...
2020-08-01
100%で行動してくると決めると、例えば挨拶もいつもより大きい声でできていくんですね。 メールを読んだ後にいつもと違う反応。返信ではなく電話をしました。それも笑顔になってから電話をしてみました。 私はひとりで相談室にいるので、想像したらおかしい。笑笑 これでいいの。 メールであろうが、電話であろうが、相手の反応はいつもと変わらなかった「全部そっちでやって」と投げられた感じでした。 けれどもこちらは...
2020-08-01
またしても付箋付きの本をお貸しいただきました。ありがたや〜!たくさん本を読む習慣のある方で感心します。 ある講演家が中学生向けの講演で言ってらっしゃいました。 ◆成功する人に共通すること 「プラス思考」「勉強好き」「読書習慣」だそうです。 今度の本はいつも以上に付箋がいっぱい! これなら響くところはきっと同じだ! と思いきや、、違う。笑笑 「同じような繰り返しをしてしまうとき、それはもはや誤ってい...
2020-07-31
友人が貸してくれた付箋付きの本。2冊目は「神メンタル」星渉著 2冊目の響く付箋は結構一致します。同じことが響く。にも感謝です。 どんなに知識が豊富であっても!知っているだけでは意味がない。 知識の5段階は ①知らない ②聞いたことがある ③知っている ほとんどの人はここまでのレベル このレベルのままでは何も変わらない。 自分自身や人生に変化を起こしたいのなら、もう一つ上の段階に上げる必要がある ④...
違いがわかる付箋
2020-07-31
会社の仲間が「付箋のつけてあるところだけ読めばいいから」と貸してくれた本。 中田あっちゃん。全く違う世代の著者さんですが、とても腑に落ちる一冊。 「働き方改革」「日本の教育のあり方」 一見難しそうなことを、私にもわかるくらいの文章で書いてくれています。 「どんな仕事に幸福を感じるか」 「やりたい人とできる人どっちになりたいか」欲しい言葉がびっしりです。 付箋のところだけ。。。はとても親切な彼に響い...
2020-07-30
卓球のチームに所属している姉。 若かりし頃、百恵ちゃんに似ていると言われていましたが、最近は卓球の前田美優ちゃんに似ている、痩せたら石川佳純ちゃんに似ている。と言われて調子に乗っています。笑笑 ニヤけて仕方がない。といつもはポーカーフェイスの姉が、よっぽど嬉しかったのでしょう。笑笑 顔だけじゃなくて前田美優ちゃんや石川佳純ちゃんになったつもりでプレイすることで、憧れの人は、尊敬する人、彼女だったら...
爆笑!爆泣!子どものつぶやき
2020-07-30
娘たちがお嫁に行き、子供の頃のつぶやきを思い出しては、ほっこりしたり、また笑ったり、うるっときたり。 言葉ってこうやって覚えてきたんだなぁ。としみじみです。 6歳までに65%、12歳までに100%の刷り込みが出来上がっているという。 幼い子供への影響を考えると、母親の使う言葉や関わる大人としての言葉は意識していきたいですね。 お腹を抱えて笑ったこと思い出しました。笑笑 かわいくて、かわいくて、かわ...
2020-07-29
人から褒めてもらったとき、あなたはどう答えていますか? 例えば 「あなたはすごいですね。」と褒められたら 「いえいえ、そんなことはないです」 「私なんて大したことありません」 と言っていませんか? 褒められたら本当は嬉しいのに、 こそばゆいね。うんうん。 日本人の美徳とされているところに「謙遜する」があります。一歩下がって遠慮することで奥ゆかしさや、日本人らしい美しさがあるので、よく使っているとこ...
ほんとの気持ち
2020-07-29
小学校低学年のお子さんをお持ちのお母さんから伺いました。 帰って来るなり、お友達と喧嘩をして悲しかったこと、腹が立ったことをひとしきり話した後 母「明日どうするの?」 子「もう一度お友達になる!」 本当は喧嘩しても大好き♡ この気持ちに素直になることで明日またお友達になれますよね。本当はみんな生まれつきポジティブだったのに。 大きくなるにつれ、仲直りしようとして失敗した経験をしたり、気まづくて居心...