私の思う「健康経営」
2020-06-07
私の思う「健康経営」

私は産業看護職として、企業に勤務する看護師です。
健康経営という経営手法がクローズアップされて、私の仕事との連携が取れていくと、もっといろいろなことが循環していくなぁ。と考えています。

健康経営は「健康に配慮することが、経営面においても大きな成果が期待できるという基盤」です。
それを基盤とした「こころとからだの健康」を目指すプロセスではチームワークや、達成感。お客様の満足度にも影響があります。

健康経営とこれまでの経営。どこにも線引きはないと思います。
健康経営宣言するかしないかは問題ではなく、従業員のこころとからだの健康に”真剣″に配慮している企業は宣言しなくとも、No.1社員が創るNo.1企業になっていくに違いないのです。
産業看護師や保健師が企業にいることがスタンダードな社会になっていくことも、大きな力となる。と考えています。

だから、、の部分は同じ思いの方々と形にしていくつもりです。
今は雇用されているので、その範囲で少しずつ活動を広げていきます。

あなたの職場にも
こころとからだの健康担当者
おきませんか?
こんな今だからこそ、健康経営!
ご相談ください。


戻る