白猫による脳内ホルモンの効果☆
2020-06-02
白猫による脳内ホルモンの効果☆

我が家の2匹の白猫

年に2.3回帰省する長女のことを覚えているのか忘れてしまっているのか、2匹の白猫はシュッと逃げたかと思うと、ゴロゴロ喉を鳴らして寄り添っていて、この子達は覚えていて気まぐれだけれど甘えているのだと思います。

猫を撫で、柔らかい毛に触れることで「幸せホルモン」のオキシトシンが放出されます。オキシトシンは、気持ちを落ち着かせてくれる「セロトニン」や、快感や多幸感を得られる「ドーパミン」などの神経伝達物質の分泌を促してくれます。

脳科学的には、白猫を撫でながら夢について語り合うことは、プラスの感情が共鳴し合い相乗効果もあるんじゃない⁉︎
私たち家族には無くてはならない感情です。


戻る